NAPROCで本格的な産学連携共同教育を ~堀内 征治~

高専は魅力的です。早期教育のもとエネルギッシュな学生が、のびのびと学んでいます。その高専で、41年にわたって教職に就いてきました。まさに「高専一直線」の人生です。なかでも創造性豊かな技術者を育成するプロコンに最初から関わってきたことは誇りです。
高専プロコンは「情報技術の甲子園」です。この大会においでいただければ、情報技術に対して、ひたむきに接する若者が、世の中にこんなに沢山いることに、びっくりされると思います。

ところが、一方で、若者のIT業界離れが進んでいるという話が聞かれます。情報産業界の大きな魅力や誇りが、若者には伝わっていないのではないか。もし、伝わっていないとすると、企業側と学校側の双方が、若者に対して「ものづくりの魅力」を強く訴えて行く必要があるのではないかと思います。
その魅力を伝えるために沢山の提言が期待できると思いますが、私は、「社会と共に次世代の技術者を育成する共同教育(Cooperative Education(COOP教育」))の推進を提唱したいと思います。

共同教育は、当然、産学官が共に取り組むべき事業ではありますが、しからば、COOP教育とは一体何か、その実践事例はどんなものか、このCOOP教育で本当にものづくりの魅力が伝わるのか・・・、本NPOでは、この点でも産学官の皆様の知を結集して、大いに検討して行きたいと思っています。ぜひ、ご一緒に情報産業の明るい展望をはかりましょう。


NPO法人高専プロコン交流育成協会(NAPROCK)理事長。国立長野高専名誉教授。NPO法人長野情報通信研究所理事(教育部長)。NPO法人長野サマライズセンター理事長。総務省地域情報化アドバイザーなど。